about

【おばあちゃんから三代目へ】
もともと、先代から地元の麹屋として、味噌作りをしてきた「関戸麹屋」。
今や、三代目に受け継がれ、もはや老舗の仲間入り。
麹屋の創業者である、おばあちゃんが、若社長である孫に教える伝統の業は、原材料の環境である、温度や湿度によって発酵の温度加減の具合が違うなど、プロにしかわからない絶妙な配分は、経験でしか教えられない。

【若い方にもっと和食と発酵食に親しんでもらいたい】
技術を学びつつ、新しい商品開発などの発想を加え、「これからは、若い方にもっと和食と発酵食に親しんでもらいたいと考えています。」と若社長が、和食文化にの継承について熱い思いを語ります。
親子三世代にわたって、佐世保の食文化をささえていく「関戸麹屋」の家族の形が古きよき時代の日本を思い出させます。